院長ご挨拶・診療方針

kenzo.png

私は、昭和53年東京大学医学部を卒業後、脳神経外科、内科、老年病の研修の後、臨床現場の一線において診療活動を続けて参りました。
そのかたわら、『専門医の技術と知識を統合化し、最適な医療を提供できるシステム作り』を目的として、昭和59年6月、TMS医療技術研究所を大学の同級生を中心とした仲間の協力を得て設立し、「医療の仕組みづくりを通じて貢献する」ことを目的として、電子カルテや医師間コミュニケーションシステムなどの医療情報システムの開発を行ってきました。

ハイテクの医療技術を研究する一方、医療の目的は「安心と幸福」であることを再確認し、民間版の「侍医システム」である主侍医倶楽部を1990年に先進的研究事業として設立し、2007年現在も日々発展開発中です。
1992年10月、他の病院での診療活動を縮小させていただき、より医療の仕組み作りに専念するべく研究所の名称も【寺下医学事務所】と変更しました。

事務所や付属のクリニックの主な仕事は「医療決断の支援」と考えております。その根本的な考えは「医療判断学」として慶応大学医学部薬理学にて1995年より3年生の講座となっております。

また、「医療決断支援の活動を広げるために「医療決断支援師」を養成する講座も開始いたしました。

医療分野の新しいシステム作りと、皆様が最善の医療を受けられるよう、最先端の医療情報の収集に努め、学術的で実際的で人間的な活動に打ち込んで参ります。

医師としてのみならず、あらゆる活動における私のモットーは「いかなることにも手を抜かない」「絶対にあきらめない」「過信してやり過ぎない」です。

皆様方のご声援を期待しております。 

寺下謙三

飯田橋「寺下謙三クリニック」は

自由診療制の医療判断支援専門クリニックです。
病気のことで困ったらまずご相談いただくことを主眼にしております。

これから受けていく医療について、どのような治療計画を立てたらよいか、最適な医者をどのようにして探すかなどをプロとしてお手伝いいたします。

診療内容を納得するには、ドクターとの面談時間がとても長く必要です。現保険制度は多くの国民に行き届くようにという配慮から、外来では、基本的に一人の患者さんに割り当てられる時間は数分となります。医療の現場では、その過酷な条件のもとに、医師はできるだけ説明をして患者さんに納得してもらうように努力していますが、限界があります。当院では、その部分を補うことで、治療担当医とともに患者さんの「安心」と「納得」のために尽力します。徹底的にご相談いただけるよう、まず十分な時間を確保することが不可欠と考え、完全自由診療制を採用しております。

健康な時から何でも相談できるプライベートな「主侍医」を持ちたいという方は、関連機関である寺下医学事務所運営の「主侍医倶楽部」事務局にお問い合わせをお願いします。

寺下謙三クリニックHome  |  寺下医学事務所Home  |  院長ご挨拶・診療方針  |  スタッフ&アソシエイトDr紹介  |  自由診療料金表
医療関係者の方々へ  |  人間ドック詳細解説  |  自律訓練法  |  心理医学外来  |  スタジオ・テラ  |  寺下謙三Blog  |  Site&Privacypolicy